Works by

プログラミング等IT技術関連でメモする

DB

【DB】トランザクション分離レベル

DB

トランザクション分離レベルとは RDBMSがSQLによる問い合わせ・更新を行う時、トランザクション単位で処理を行う。 トランザクションとは処理の単位を表し、 トランザクションの結果はALL OR NOTHING、すなわち全て実行するか全く実行しないかの二択になる(…

【DB】1対1のリレーションにおける主キー/ 外部キー設定

DB

結論 DB設計の論理データモデル設計では、1対1のリレーションの主キー/外部キー関係は 基本的にインスタンス生成順で決定する。 主キーと外部キー DB設計において論理データモデル構築の際、1対多のリレーションを持つ一組のエンティティが E-R図中に出現し…

DB設計におけるデータモデル

DB

DB設計における「データモデル」とは データベース設計で扱われるデータモデルとは、 実世界におけるデータの集合を、DBMS上で利用可能な形に落とし込むためのモデルを指す。 データモデルの種類 データモデルといってもいきなり実装上のDBMSで利用可能な形…

関係データベースにおける正規形・正規化操作

DB

関係データベースにおける「正規化」とは 正規化とは、関係データベース(RDB)におけるテーブルを、より利用しやすい形に整形する操作を指す。 関係データベースとテーブル 関係データベース(RDB)ではデータの集合を、個々のデータを表す「行(レコード)…

RDBテーブルカラムの参照操作

DB

参照操作とは 関係データベース(RDB)上で複数のテーブルを生成する時、あるテーブルのカラムを別のテーブルのカラムへの参照という形で定義することができる。これを外部キーと呼ぶ。外部キーの値には、参照先に存在しない値を設定することは許されない。…