Works by

Works by

プログラミング等IT技術関連でメモする

【React Native】Expoで加速度センサを使う

Accelerometer

React Nativeでの加速度実装ですが、ネイティブで標準実装できる範囲内なので特別なパッケージを入れずとも実装できます。
Expoパッケージの加速度計測モジュールが簡単だったので、今回はこちらを紹介します。

Accelerometer - Expo Documentation

Usage

create-react-native-appでプロジェクトを作成します。
この時点でExpoパッケージは入っているので、他のインストール作業は不要です。

$ create-react-native-app react-native-acceleromator-app

Source

参考: Accelerometer - Expo Documentation

<feff>import React from 'react';
import { StyleSheet, Text, View } from 'react-native';
import { Accelerometer } from 'expo';

export default class App extends React.Component {

  constructor() {
    super();
    // state初期化
    this.state = {
      accelerometerData: {}
    };
  }

  componentDidMount() {
    this._toggle();
  }

  componentWillUnmount() {
    this._unsubscribe();
  }

  _toggle = () => {
    if (this._subscription) {
      this._unsubscribe();
    } else {
      this._subscribe();
    }
  }

  // 加速度センシングを開始する
  _subscribe = () => {
    this._subscription = Accelerometer.addListener(accelerometerData => {
      // 加速度を取得
      this.setState({ accelerometerData });
    });
    // 1秒ごとに加速度を測定
    Accelerometer.setUpdateInterval(1000);
  }

  // 加速度センシングを終了する
  _unsubscribe = () => {
    if (this._subscription) {
      this._subscription.remove();
    }
    this._subscription = null;
  }

  render() {
    let { x, y, z } = this.state.accelerometerData;
    return (
      <View style={styles.container}>
        <Text>x : {x}</Text>
        <Text>y : {y}</Text>
        <Text>z : {z}</Text>
      </View>
    );
  }
}

const styles = StyleSheet.create({
  container: {
    flex: 1,
    backgroundColor: '#fff',
    alignItems: 'center',
    justifyContent: 'center',
  },
});

Accelerometerを利用すればリスナーを登録するだけで簡単に実装できます。
加速度計測を終了したいときは、setListenerの返戻オブジェクトのremove()オブジェクトを呼べばOKです。

Demo

f:id:rennnosukesann:20180606224157g:plain:w300

加速度が取得できました。
端末のジェスチャーやゲーム実装に使えそうです。

参考

Accelerometer - Expo Documentation

【React Native】react-native-modalboxでネイティブアプリ上のモーダルを利用する

react-native-modalbox

github.com

react-native-modalboxはアニメーション付きモーダル表示を手軽に実装できるUIコンポーネントです。
モーダルは使えるシーンが多いので、表示の仕方でユーザー体験を向上させたいときに使うと良いかもしれません。
(細かいカスタマイズが必要なときは、結局自作になりそうですが。。。)

Usage

create-react-native-appでプロジェクトを作成し、作成したプロジェクト配下にreact-native-modalboxをインストールしていきます。

$ create-react-native-app react-native-modalbox-app
$ cd react-native-modalbox-app
$ npm install react-native-modalbox@latest --save

create-react-native-appのインストールはこちら

Source

公式に一通りのモーダルが使用できるデモがあったので、早速いじっていきます

デモではボタンとスライダーコンポーネントを使用しているため、
react-native-buttonreact-native-sliderもインストールします。

$ npm install --save react-native-button
$ npm install --save react-native-slider

Demo

Basic Modal

f:id:rennnosukesann:20180605224326g:plain:w250

Position top

f:id:rennnosukesann:20180605224516g:plain:w250

Position bottom + backdrop + disable

f:id:rennnosukesann:20180605224634g:plain:w250

Position bottom + backdrop + slider

f:id:rennnosukesann:20180605224752g:plain:w250

Backdrop + backdropContent

f:id:rennnosukesann:20180605224922g:plain:w250

Position bottom + ScrollView

f:id:rennnosukesann:20180605225040g:plain:w250

Modal with keyboard support

f:id:rennnosukesann:20180605225449g:plain:w250

参考

github.com

【AngularJS】$injectプロパティを利用して依存性注入を行う

メモ。

AngularJSではコントローラやサービスの定義をDI(依存性注入)によって初期化します。
具体的には、['サービス名1','サービス名2'...,'コントローラ関数']のように、サービス名とコントローラの挙動を定義する関数オブジェクトの配列を作り、AnguraJSの提供する関数で初期化、コントローラ関数の引数にサービスインスタンスを注入します。

let mod = angular.module('myApp',[]);
// $scopeサービスと、それを引数に取るコントローラ関数
mod.controller('MyAppCtrl', ['$scope', function($scope){

}]);

このような文字列形式で引数を注入しているのは、JSファイルが圧縮されたときに注入されるべきサービスのシンボルが変わってしまい、実行できなくなるのを防ぐためです。

ここでのDIは配列によってに行われていますが、$injectプロパティを使用して行うこともできます。

let mod = angular.module('myApp',[]);

// コントローラ関数
let ctrl = function($Scope) {
  $scope.value = 0;
}

// サービスを注入する
ctrl.$inject = ['$scope']

// コントローラ定義
mod.controller('MyAppCtrl', ctrl);

配列形式のDIを比較して$injectを使用するシーンはそれほど多くないかもしれませんが、
Util関数をUIルーターのresolve関数としてセットする、Serviceとして提供するなどを行いたい場合には役に立つかもしれません。

参考

www.buildinsider.net

【React Native】react-native-textinput-affectsを使ってリッチなTextInputを実装する

react-native-textinput-affects

github.com

react-native-textinput-effectsはReact Nativeアプリ上で使用できるTextInput UIコンポーネントです。
豊富な種類の入力フォームが用意されており、デモを見るだけでも楽しめます。

普通のTextInputと同様のプロパティ設定が可能なので、
今までのTextInputを置き換える形で使用することが可能です。

Usage

下の記事に従い、create-react-native-appでプロジェクトを作成します。

rennnosukesann.hatenablog.com

$ create-react-native-app react-native-textinput-affect-app
$ cd react-native-textinput-affect-app

react-native-textinput-affectsをインストール。

$ npm install react-native-textinput-effects --save

今回はアイコン用に使うreact-native-vector-iconsもインストールします。

$ npm install --save react-native-vector-icons

これで完了です。

Source

試しにUIコンポーネントSaeを使ってみました。

import React from 'react';
import { StyleSheet, Text, View } from 'react-native';
import FontAwesomeIcon from 'react-native-vector-icons/FontAwesome';
import { Sae } from 'react-native-textinput-effects';

export default class App extends React.Component {
  render() {
    return (
      <View style={styles.container}>
        <Sae
          label={'Email Address'}
          iconName={'pencil'}
          iconColor={'white'}
          iconClass={FontAwesomeIcon}
          // TextInput props
          autoCapitalize={'none'}
          autoCorrect={false}
        />
      </View>
    );
  }
}

const styles = StyleSheet.create({
  container: {
    flex: 1,
    backgroundColor: '#cc0',
    justifyContent: 'center',
    padding: 44
  },
});

ちなみにreact-native-vector-icons/FontAwesomeはcreate-react-native-appプロジェクトで特にインストールしなくても使えました。

Demo

f:id:rennnosukesann:20180604220456g:plain:w250

TextInputが一気に華やかになりました!
他にもたくさん種類があるみたいなので、アプリのデザインに合わせて使っていきたいですね。

参考

github.com

【React Native】TextInputがキーボードで隠れてしまうのを防ぐ

TextInputがキーボードで隠れてしまう問題

スマホ画面でブラウザ・ネイティブの入力フォームをクリックすると、入力フォームが隠れてしまうことがあります。

f:id:rennnosukesann:20180603191127g:plain:w250

import React from 'react';
import { StyleSheet, View, ScrollView, TextInput } from 'react-native';

export default class App extends React.Component {
  render() {
    return (
      <View style={styles.container}>
        <TextInput placeholder={'placeholder'} style={styles.TextInput} />
      </View>
    );
  }
}

const styles = StyleSheet.create({
  container: {
    flex: 1,
    backgroundColor: '#ff0',
    alignItems: 'center',
    justifyContent: 'flex-end',
  },
  TextInput: {
    marginBottom: 44
  }
});

React Nativeでも同様の問題が発生しますが、KeyboardAvoidingViewによって防ぐことができます。

KeyboardAvoidingView

KeyboardAvoidingViewを対象コンポーネントの親とすることで、TextInputにフォーカスしたときにキーボードで入力欄が隠れるないように画面をスクロールさせることができます。

f:id:rennnosukesann:20180603195005g:plain:w250

export default class App extends React.Component {
  render() {
    return (
      <KeyboardAvoidingView behavior="padding" style={styles.container}>
        <TextInput placeholder={'placeholder'} style={styles.TextInput} />
      </KeyboardAvoidingView>
    );
  }
}

参考

facebook.github.io

はじめてのVSCode環境構築メモ

エディタを乗り換えよう

今までatomを雑に使っていたのですが、

などの理由から、新しくVSCodeに乗り換えてみました。

今回の記事は、自分用のVSCode乗り換え時のセットアップメモになります。
適宜更新していくかもしれません。

VSCodeとは

code.visualstudio.com

かのMicrosoftがリリースした高機能な軽量エディタです。
VSCodeが出た当初はその性能に対して懐疑的でしたが、蓋を開けてみるとatomにも引けを取らない高機能エディタでした。
周りの人も次々とVSCodeに乗り換えています。

VSCodeのセットアップ

環境は MacOS X High Sierraです。

起動コマンドインストール

shellコマンドでVSCodeを起動できるようになります。

Command + Shift + pでコマンドパレットを起動し、"shell command"と入力。
「シェルコマンド:PATH内に'code'コマンドをインストールします」を選択。

f:id:rennnosukesann:20180602164859p:plain

Vim

VSCodeVimキーバインドを導入。
Vimキーバインドでエディタを扱う人用。

拡張機能」-> 検索欄に「vim」->「vscodevim」

f:id:rennnosukesann:20180602150353p:plain

こちらの記事がすごく参考になります↓

割と突き詰めてやったvim->vscode移行

Tabキーでスペースorタブ

タブ派の方はここでfalse。

f:id:rennnosukesann:20180602151043p:plain

files.encoding = utf-8

「Code」->「基本設定」->「設定」

f:id:rennnosukesann:20180602150141p:plain

コード整形

保存時・ペースト・エディター入力時にコードを自動整形するかどうか設定できます。

「Code」->「基本設定」->「設定」-> 検索で「formatOn」

f:id:rennnosukesann:20180602153754p:plain

f:id:rennnosukesann:20180602153955p:plain

ファイル表示無効

デフォルトだと、ファイルを開くとファイル名がイタリック表記になります。
<Ctrl-s>などで確定状態にしないままの状態で新しくファイルを開くと、イタリック表記だったファイルは閉じてしまいます。

この設定が嫌だったので、設定に"workbench.editor.enablePreview": falseを追加しました。

qiita.com

Short Cut

ファイル検索

Ctrl + p

f:id:rennnosukesann:20180602152542p:plain

Commandを押しながらEnterすると別ウィンドウで開きます。

ターミナル起動

control+

f:id:rennnosukesann:20180602152628p:plain

使い始めての感想

  • atomよりもサクサク動作する
  • IDEでないにもかかわらず、補完が強力
    • デフォルトでも十分気持ち良く補完できる(js)
  • 設定が楽
  • デフォルトでも十分機能が充実している

参考

code.visualstudio.com

割と突き詰めてやったvim->vscode移行

VSCodeで爆速コーディング環境を構築する(主にReactJS向け設定)

【React Native】React Native + Expo + firebaseで認証を行う

firebaseによる認証

firebaseはアプリ開発に必要な機能を一通り備えていますが、Webサービスに必須な認証ももちろん備えています。
メールアドレス・パスワードによるベーシックな認証を始め、各種SNS連携を用いたOAuth認証をサポートしています。

Firebase Authentication  |  Firebase

今回はfirebaseがサポートする認証のうち、メールアドレス・パスワードを用いた基本的な認証モジュールを試してみました。

Usage

前回の記事で、firebaseを導入していることを前提とします。

rennnosukesann.hatenablog.com

Source

// 認証状態変更時イベントハンドラ
firebase.auth().onAuthStateChanged((user) => {
  if (user != null) {
    console.log("We are authenticated now!");
  }
});

// ユーザ登録
// メールアドレスとパスワードを登録
function signup(email, password){
  firebase.auth().createUserWithEmailAndPassword(email, password)
  .then(function(user) {
    if (user) {
      console.log("Success to Signup!")
    }
  });
}

// 認証
function login(email, password){
  firebase.auth().signInWithEmailAndPassword(email, password)
  .then(function(response){
    alert("Login Success!");
  })
  .catch(function(error) {
    alert(error.message);
  });
}

// ユーザ情報
let email = `email@mail.com`;
let password = `********`;

// ユーザ登録
//signup(email, password);

// ログイン
login(email, password);

firebase.auth().createUserWithEmailAndPasswordでメールアドレス及びパスワードによるユーザ情報の登録を行います。
対応するユーザを引き当て認証・ログインを行うときは、firebase.auth().signInWithEmailAndPasswordを用いています。

上記例ではDB上にユーザ情報を登録していない状態なので、下のような画面が表示されてしまいます。

f:id:rennnosukesann:20180531233444j:plain:w300

signup()メソッドを呼ぶと、firebaseにユーザを登録します。

  signup(email, password);

f:id:rennnosukesann:20180531234126p:plain:w300

うまくいきました!

参考

rennnosukesann.hatenablog.com

Firebase Authentication  |  Firebase